他PTとの関わり

狩り中の私は冷たい人間だとよく言われる。
理由は簡単。もし狩り中に他PTが決壊しそうな現場、
もしくは、すでに決壊した現場とすれ違っても、
助太刀はしないし、「南無」の声をかけないし、起こそうともしないから。
そんなことに時間を割くくらいなら自分たちの狩りを進める。
それでも私と組んでいるキャラは、決壊PTに出くわせば一声かけ、
向こうが望むのであれば起こす場合が多々あるため、
そういう場合は一応自分も「南無」くらい言う場合はあるが。

しかしこれには理由がある。
私は自分のPTが決壊しそうでも助太刀なんて受けたくないし、
決壊しても「南無」と言われたくない。
もちろん、他PTに起こしてもらうなど嫌にもほどがある。
もし自PTが決壊する状況になったとすれば、それは、
自PTの詰めの甘さが祟った結果であり、潔くその時点で決壊しておくべきなのだ。

他力を借りるということが自分は嫌だから、人にもしない。それだけである。
ただもちろん、PT狩りの場合、
自分が嫌だからというだけで他力を借りないというわけにもいかない。
それは私個人の考えであり、他の自PTメンツは、
大抵起こしてもらうことを望んでいるからだ。
私の意見をメンツに押し付けて、狩り終了にするわけにもいくまい。
そういうときは仕方なく私も起こしてもらうし、恩義を感じずとも礼を言う。

さて、先日、HiPとペアで騎士団へ行ったときのこと。
途中、決壊したトリオPTとすれ違う。
私はいつも通り決壊PTの横を通り過ぎる。
しかし組んでいたHiPは立ち止まり、「起きますか?」などと声をかけている。
早く狩りを進めたいところだが、もしここで一人で突っ走れば、
空気を読めないのは私ということになる。
組んでいたHiPの隣に引き返し、一部始終を脇で見届ける。
そしてようやく狩り再開と思いきや、組んでいたHiPから一言。
「決壊したPTとでくわして、声もかけないんですか?」「ひどすぎませんか?」
…と。
狩りの最中に、自分が他PTと干渉しない理由と自論を滔々と述べるわけにも行かず、
自分が狩り中に他PTの干渉を受けることが嫌いなので、
自分もしないという旨を簡潔に伝えてみたが、HiPは納得しない様子。
「冷たいんですね」
「考えを改めてみたらどうですか?」
と、ピシャッと言われる。
そうは言われても、私はこの考えを変えるつもりはない。
他PT…言い方を変えれば、自分にとって知ったこっちゃないPTに関心はないし、
ましてやそんなPTのために時間を取られるのは煩わしい。
言い方は悪いが、狩りの邪魔になる手間は極力省きたい。
残念だがこのHiPとは意見が食い違うようだ。
いや、しかし、だが、
こうして自分の意見を手厳しい言葉でずばっと言い切ってくれる人間は嫌いじゃない。
陰で醜悪な言葉を垂れる人間や、
矛盾だらけの主張を偉そうに掲げる人間に比べれば、彼女は実に清々しい。
理のある意見を言っていると思う。
曰く…、コミュニケーションが主であるMMORPGである以上、
こうした際の気配りも最低限必要なものではないのか、と。
なるほど彼女の言うことも、私とは違う一つの意見として理解できる。
共感はできないが。
昨今珍しく、なんとも誠実な方だ。
「南無」の声くらいかけても罰は当たらないんじゃないかなと思えた先日の騎士団。

f0034175_1841132.jpg






話題は変わり。過剰精錬が熱い。
とは言っても今に始まったことではないけれど。
↑は先日の当たり物。SSがログ部分じゃないのはご容赦を。
いつまで経っても即座にSSを撮影する習慣が身につかない私で御座い。
過剰は抜け出せない魔力がある。信じられない稼ぎを出す日もあれば、
信じられない赤字に苛まれる日もある。
しかし元来ギャンブル運が強いのか、トータルではかなりの稼ぎを出している。
資産の3割は精錬によるものと言っても過言ではないだろう。
1M↓防具にはあまり興味がない。+7になっても大した旨みがないため。
たまに、質より量を叩きたいときに叩く程度。
成功したときの嬉しさが凄まじく、
失敗したときの落胆が激しい高額品を叩くことにこそ情熱が湧く。
勝負師な性格なのかもしれない。
1M↓防具で好んで叩くものは、マント、タイツくらいだろうか。
基本的な獲物は、フォマル、グリッタ、ヘルム、プレート、
羽衣、ポルド、S聖職者帽、S領主、おでん祝
といった感じ。
S忍者衣にも手を出したいところだが、生憎シフ系職を持たないため。
ラヘルパッチで(?)忍者も忍者衣を装備できるようになったらしいが、
当然、忍者もいるはずがなく。
要職を持つ知人に頼むという手間をかけてまで叩きたいとは思わず。
そして昨日は、Sフォマル3つ、Sグリッタ3つをクホり、
半ば自棄になって挑戦した#のSEに成功し、
更なる自棄でS#をクホグレンに託すという暴挙に出で、
+7に成功してしまうという嬉しい事件が。まさに神の思し召し。
さすがに+7S#とあって、興奮は頂点に達していたため、
SS撮影は完全に脳内から吹っ飛んで忘れていますがご容赦を。
これでSniのために、主に棚用に使うBOSS弓を購入してやれそうだ。

話は更に変わり…。
ラヘルで実装されたMVPの一角、アトロスでもいないかと、
ロイスを誘って足を踏み入れた、リヒ↑↑←←←、ラヘル←↑↑→MAP。
予想外のガリオンとロウィーンの多さに、アトロスのことなど忘れて、
テンションMAXではしゃぐ馬鹿二人。

うおーい!どう見ても人為的に作られた凄いMHがあるぞ!

お掃除の時間だ!

わぁーーい

f0034175_19235432.jpg
















f0034175_19514666.jpg





テンション高すぎて自分と私にAsmのかけ直しを忘れた馬鹿と、
テンション高すぎて白P叩くのを忘れた馬鹿の末路。
どう見てもネジ1本抜けてる。興奮しすぎ。
画像に映っているMOBが全部ではない。
と言っておこう。私とロイスの、安っぽい名誉のために。

しかしこの数は半端ない。
LKでBB狩り。Sniで#狩り。どちらにしても桁外れな効率出るんじゃ?!レアはないけど。
…と思いきや、ロイス曰く、
ガリオンの取り巻き版ロウィーンは経験値もドロップもないVer.の取り巻きらしい。
なんだか一気にテンションが落ちたよ。レアはないし。
[PR]
by rorene | 2007-07-15 19:54 | 日記
<< 栗毛専用始動 ラヘルパッチ後アビス >>